仲人の選び方

<結婚相手紹介>親が入会、契約トラブルに 相談の25%超[毎日新聞]


毎日新聞によると、
「子どもが結婚しないのは親の責任」などと不安をあおられ、息子や娘のための結婚相手紹介サービスに親が入会し、契約トラブルになるケースが相次いでいるとして、国民生活センターが19日、注意を呼び掛けた。

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

 国民生活センターによると、結婚相手紹介サービスを巡るトラブルの相談は昨年度計1983件あり、親が関与している相談が4分の1を超えた。突然の訪問や電話で勧誘されるケースが目立つ。

 相談事例は、
▽親が登録料など約40万円を支払ったが、業者が「2週間ほど子どもには内緒に」と話したため、解約可能期間を過ぎてしまった
▽「子どもが来年結婚できる」と勧誘され入会したが、全く相手を紹介されない
▽事前の説明なしに外国人を紹介され、結婚が決まると「成婚料」として250万円を要求された--など。
中には800万円以上を支払ったケースもあった。

 結婚相手紹介サービスは特定商取引法で規制され、2カ月を超える5万円超の契約は、8日間無条件に契約を解除(クーリングオフ)できる。期間を過ぎても中途解約が可能だが、返金に応じない業者もいる。国民生活センターは「契約には子どもと十分話し合い、トラブルの際は消費生活センターに相談してほしい」としている。

結婚相談所ブログランキング

最新記事

この歳まで一人で暮らしてきた人が結婚してうまくいく分けがない?

おすすめ記事

結婚仲人の選び方[年収条件の考え方] 結婚仲人の選び方[結婚相手の理想が高くて何が悪い!] 婚活中の同時交際の是非

おすすめ記事

【東京都八王子市】藤橋裕子 全国仲人連合会 八王子市椚田支部

日刊仲人業界新聞公式Facebookページ

PAGE TOP