仲人の選び方

結婚仲人の選び方[年収条件の考え方]

◉【今何位?!ランキング参加中】
応援して下さる方は、上の3つのバナーバナーのクリックを、毎日宜しくお願い致します。 パソコンとスマホからも、この3箇所を毎日クリックして下さい。
クリックして現れるランキング一覧の中から、再度「日刊○○新聞」を押しててください。

結婚は年収や肩書きで決めるな?!
人間性など、性格で決めろ、
それが結婚だと、
そういう風に導く結婚相談所があると言われますが、
それは正しいのでしょうか?
結婚仲人の選び方として、
年収や肩書条件についての考え方の違いについて、
考察していきます。

まず、
綺麗事を、言ってはいけないと思うのです。
やはりお相手の年収や肩書は、気になりますよね。
女性にとって、一番重要視するのも、ごもっともだと。
一部上場企業の取締役という肩書と、
年収160万円の45歳では、全く違うでしょう。
それは、認めなければならない。
特に、派遣社員や契約社員という雇用形態の女性で、
生活の安定を求めて婚活をされているような場合には、
年収や肩書にこだわることは、当然だと思います。
そのような思いに、結婚仲人は、真摯に耳を傾けなければいけません。

その上で、結婚相手を探すのに重要なのは、
結婚の相性が良いかどうかです。
日刊結婚新聞社では、結婚相性診断を無料公開していますので、
ご自分で診断してみてください。
こちらから[結婚相性診断]
絶対的な指標であり、
相性診断を前提に、
その中で、相性が良いと言われる人の中から、
さらに様々な条件を考えるべきなのです。

一見お金持ちそうに見えても、自営業は、変動するものです。
自営業なら、一緒に仕事を手伝えるような業種なのかどうか。
不労所得があるのか。
それは、公序良俗に反しないものなのかどうか、
違法風俗店運営業者や、
出会い系サイト詐欺業者、
裏カジノ経営者や店員でないかなど、
やはり、調べるべきだと思います。

大企業の総合職サラリーマンなら、
新卒か中途採用か。
定年退職まで会社に入られるのか。
給料は高くても、48歳くらいで、ほとんどの社員は退職するような企業なのか、
やはり調べておくべきだと思います。
 
そして、今の年収がなくなったとしたら、
それでも力を合わせて行きていくことができる相手なのか、
その生きる力を見定めるのです。
現在の年収は、その指標となります。
そして、現在だけではなく、
将来にわたってその年収が続くのか、
減るのか、
全くゼロになるときもあるのか、
それとも、10倍、100倍に増える可能性があるのか、
見定めるのです。
「信頼」できる相手なのか。
何があっても、復活できる男なのか、
それを見定めるのです。
 
婚活において、男性の年収や肩書きは、
生活をするのですから、特に重要です。

結婚相談所ブログランキング

最新記事

この歳まで一人で暮らしてきた人が結婚してうまくいく分けがない?

おすすめ記事

結婚仲人の選び方[年収条件の考え方] 結婚仲人の選び方[結婚相手の理想が高くて何が悪い!] 婚活中の同時交際の是非

おすすめ記事

【東京都八王子市】藤橋裕子 全国仲人連合会 八王子市椚田支部

日刊仲人業界新聞公式Facebookページ

PAGE TOP